スポンサーリンク

【Microsoft Teams】改行のショートカットはShift + Enter!!『裏技あり』

Windows

Microsoft Teams でメッセージを改行しようと思い Enter キーを押して、メッセージが送信されてしまったのではありませんか?

Teamsでメッセージの改行は、「Shift」+「Enter」キーの同時押しです。

ここでは、Enter キーを押しても、メッセージが送信されず改行する裏技をお伝えします。

改行する方法

改めて、Microsoft Teams のチャットメッセージ文中で改行する場合には、

[Shift] キー + [Enter] キー

を押すことで改行することが出来ます。

ただ、分かっていても、つい Enter キーだけを叩いてしまうんですよね。

Enterキーで改行する裏技

改行といえば Enter キーなので、Teamsでも、ついつい Enter キーを押してしまい編集中のメッセージが送信されてしまうという経験ありませんか?

実は、Enter キーを押してもメッセージが送信されないようにする裏技があります。

ズバリ「書式モード」を使うことです。

書式モードにするには、一番左の「A」と鉛筆のアイコンをクリックします。

書式モードになると、枠が広がり複数行にまたがって文章を書けるようになります。

このモードになると Enter キーを押すと、改行できるようになります。文字の書式設定なども出来るので是非活用してみてください。

書式モードで「送信」する場合には、右下の送信ボタンを押すか、「Ctrl」+「Enter」で送信するようになります。

誤送信を防止するには

「書式モード」にしてから文章を書く習慣をつけましょう。

書式モードで書く習慣をつければ、Enter キーを押して途中で送信されてしまうということはなくなります。

それでも誤送信してしまった場合には

慌てずに送信したメッセージを「編集」するようにしましょう。

メッセージにマウスカーソルを重ねるとリアクションアイコンと「…(3点リーダ)」が表示されるはずです。

「…」を選択するとさらにメニューが表示されますので、「編集」を選択しましょう。

最後に

Teams では、Enter キーでメッセージが送信されないようにする設定が存在しません。

「Shift」+「Enter」を覚えるか、書式モードを活用しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
WindowsWindows Update
スポンサーリンク
Step1

コメント

タイトルとURLをコピーしました