スポンサーリンク

Windows10 タスクバーの時計に秒まで表示する方法

Windows

FXをやっていると米国・欧州の経済指標発表がどうしても気になってしまう。
なぜならば、日本とは異なり発表予定時刻どおりに発表されることがほとんどだからだ。
そして、経済指標が発表されると同時に為替が大きく動き出すからだ。

そんなあなたに、タスクバーの時計に秒まで表示する方法を紹介します。

対応前後比較

【秒数非表示】

【秒数を表示】

免責事項

レジストリ操作を伴います。
手順通り行えば問題ありませんが、操作は自己責任で行ってください。

操作手順

①左下にある「スタート」ボタン「regedit」と入力します。

ユーザーアカウント制御が表示されたら「はい」をクリックしてください。

ユーザーアカウント制御が表示された場合は、「はい」を左クリックしてください。

③レジストリエディタ―の画面が表示されます。

レジストリエディタ―の画面が表示されます。

ここからレジストリの操作を行っていきます。

以下のパスをコピーします。HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

④パスを下図赤枠部分に張り付けます。

⑤「レジストリの値」を追加していきます。

「Advanced」を右クリック「新規」「DWORD(32ビット)値」をクリックします。

「①Advanced」を右クリック→「②新規」にカーソルを合わせる→「DWORD(32ビット)値」を左クリックします。

⑥タスクバーの通知領域にある時計に秒数を表示させる名前を指定します。
 以下の名前をコピーして下さい。
  ShowSecondsInSystemClock

さきほど追加した「新しい値#1」の名前を「ShowSecondsInSystemClock」に変更します。

「新しい値#1」を右クリック→「②名前の変更」を左クリックします。

「ShowSecondsInSystemClock」が追加されたことを確認します。

「ShowSecondsInSystemClock」が追加されたことを確認します。

⑦最後に、レジストリの「値」を変更します。

「ShowSecondsInSystemClock」を右クリック「修正」をクリックします。

「①ShowSecondsInSystemClock」を右クリック→「②修正」を左クリックします。

数字の「1」を入力「OK」をクリックします。

※半角英数字で入力してください。

数字の「1」を入力→「OK」を左クリックします。
【表記について】・表記にある「16進数」と「10進数」はどちらを選んでも大丈夫です。表記にある「16進数」と「10進数」はどちらを選んでも大丈夫です。

⑧これで作業は終わりです。パソコンを再起動します。
 保存していないデータは失われるので保存をし、パソコンを再起動後、画面の右下にあるタスクバーの時計に「秒数」が表示されたことを確認してください。

パソコンを再起動後、画面の右下にあるタスクバーの時計に、「秒数」が表示されたことを確認してください。

以上になります。
参考になれば幸いです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました