Teamsで録画をバレずにする方法

Windows
記事内に広告が含まれています。

Teamsの会議をTeams標準機能で録画しようとすると、参加者に「録画が開始された」と通知されます。

参加者が社内の人間だけならそれほど気にならないと思いますが、参加者にお客さんなどが含まれる場合はちょっと気が引けちゃいますよね!?

実は、パソコンの標準機能を使って、Teams会議の参加者にバレずに録画する方法があるんです。

今回はその方法を解説していきます。

Teamsで録画をバレずにするのはとても簡単だった

パソコンに標準で搭載されている機能を使うので、誰でも簡単に録画することが出来ます。

なんといっても、標準機能なので追加コストは0!難しい設定なども不要です!!

初期設定

Windowsの標準機能を使うとお伝えしましたが、最初は機能がOFFになっている場合があります。
まずは設定を確認しましょう。

1.スタートメニューから「設定」を開く

2.設定画面が開いたら、「ゲーム」のメニューを選択する

3.「Xbox Game Bar」の画面が開くので、「ゲーム クリップの録画、~」のステータスがオンになっているか確認する

オンになっていなければ、変更してください。

下のように「オン」となっていたらOKです。

録画機能を使う

初期設定が出来たら、さっそく録画機能を呼び出してみます。

1.録画したいウィンドウをアクティブ(選択)にします。

2.キーボードの「Windows」+「G」のキーを同時に押してください。

3.「Xbox Game Bar」のウィンドウがいろいろと表示されます。その中に「キャプチャ」ウィンドウがあります。

4.「録画の開始」ボタンを押したら録画が開始されます。

まとめ

Teamsの内蔵録画機能はTeams会議のために用意した専門的なツールですが、バレずに会議を録画することができません。

Teamsの会議をバレずに録画したい場合には内蔵録画機能より、PC画面録画ソフトでTeamsの会議画面を録画しましょう。

スポンサーリンク
Windows
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました