スポンサーリンク

Sharkの新型ハンディ掃除機「EVOPOWER EX」は吸引力2倍なのに駆動時間3倍だからスペアバッテリー持ち歩かなくてOK!

Gadget

軽量さに、パワーと時間も加わりもう最強。

気づいたときにササッと掃除できるフットワーク性で、1台あると何かと便利なハンディ掃除機。

ここ数年はShark(シャーク)のハンディ掃除機「EVOPOWER」が、小さくてかっこよくて使いやすい、定番の1台でした。が、その定番に新モデル。第2世代となる「EVOPOWER EX」が登場しました

第2世代ということで、前モデル(EVOPOWER W35)が抱える課題がいくつも解決されています。

わかりやすい数値的なところからチェックしていくと、前モデルW35と比べて、吸引力が2倍。駆動時間は12分→最長35分と約3倍に伸びました。

それでいて重量は+20gで収まってるってんだからすごい。

稼働時間と吸引力についてもうちょっと詳しく書くと、エコモードでは約35分、標準モードで約20分、強力なブーストモードで約8分となっています。標準モードの20分でも、サイズを考えると結構すごくない?

付属品やドックも進化。1台でどこでも対応できる

一部のモデルではフロア掃除用のフローリング用延長ノズルや、髪の毛やペットの毛に強いミニモーターヘッドが付属。

便利さを底上げしているのが、上位モデルに付属する充電ドック。フローリング用延長ノズルを除けば、セットのノズル(隙間用ノズル・マルチノズル)が全部収まるようになりました。

ハンディタイプは、どうしても卓上限定っていうイメージを抱いちゃうけど、パワーもアップして、ノズルも豊富で、駆動時間も伸びているとなると、部屋全体のキレイ維持に貢献できそう。卓上に限定するのはもったいない機能・拡張性ですね。

リモートワークしているとどうしてもホコリが気になりませんか?

これでササっと掃除しちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました