スポンサーリンク

【Windows】画面の外に隠れてしまったウィンドウをデスクトップ(表示領域内)に戻す方法

Windows

Windowsを使っていると、何かの拍子でアプリケーションのウィンドウが、画面に表示されない時があります。他のウィンドウをすべて閉じても、デスクトップのどこにも見当たらず、タスクバーのアイコンを押しても表示されず、どこかへ消えてしまって見つからない!

タスクバーにアプリケーションのアイコンが表示されているので、起動はしているはず!
なのに見当たりません。

この現象は、アプリケーションのウィンドウがデスクトップ領域の外に移動して隠れているからなのです。

原因としては、

複数の環境からリモートデスクトップなどで接続して使用していると、画面の解像度の違いから、表示していたウィンドウがデスクトップ領域からはみ出して表示されない場合があります。

あとは、ノートパソコンなどで外部モニタを使用していた状態からモニタを外すと、外部モニタ側に表示していたウィンドウはそのまま外部モニタに表示しようとして、はみ出してしまう場合もあります。

原因はなんであれ、

デスクトップに少しでもヘッダー(タイトルバーの部分)が表示されていれば、マウスを使ってウィンドウを移動できるのですが、完全に隠れてしまっている場合は、マウスでウィンドウを移動することができません。

そこで今回は、デスクトップの表示領域外に表示されているウィンドウでも移動する方法を紹介します。

この方法を使うと、デスクトップ領域に隠れているウィンドウを画面内に持ってくることができます

画面外に隠れたウィンドウを移動する方法

ウィンドウが画面の外に隠れてしまっている場合は、アプリケーションのコンテキストメニュー(マウス右クリックで表示されるメニュー)にある「移動」をクリックして選択します。

「移動」を選択するとキーボードの上下左右の矢印キー(↑↓←→)を押してウィンドウが移動できるようになりますので、画面内に来るように調整します。

アプリケーションウィンドウのコンテキストメニュー

アプリケーションのコンテキストメニューは、タスクバーに表示されているアプリケーションのアイコンから表示できます。また、ショートカットキーでも表示することもできます。

詳細に解説していきます。

タスクバーのアイコンから

タスクバーに表示されているアプリケーションのアイコンにマウスカーソルを合わせます。

タスクバーのアプリケーションのアイコンにマウスカーソルを合わせる

しばらくすると、ウィンドウプレビューのサムネイルが表示されますのでサムネイルにカーソルを合わせて右クリックします。

右クリックするとコンテキストメニューが開きます。

タスクバーのアプリケーションのウィンドウプレビューのサムネイルのコンテキストメニュー

コンテキストメニューの「移動」をクリックします。(上記の画像ではメニューの上から2番目になります。)

「移動」を選択することでキーボードによるウィンドウの移動ができるようになります。

ウィンドウが画面に表示されるまで矢印キーを押して調整します。

ショートカットキーを使う

アプリケーションのコンテキストメニューは、ショートカットキーでも表示することができます。

タスクバーのアプリケーションのアイコンをクリックして、ウィンドウを移動する対象のアプリケーションを選択します。(アイコンの背景がタスクバーの色と異なっていれば、アプリケーションが選択されている状態です。)

タスクバーのアプリケーションのアイコンをクリックして選択してアクティブにする
上記の例では、メモ帳が選択状態なので、アイコンの背景が少し薄い色になっています。

アプリケーションを選択できたら、Altキーを押しながらスペースキーを押します。

Altキー + スペースキーは、アプリケーションウィンドウのコンテキストメニューを開くショートカットキーです。

アプリケーションウィンドウのコンテキストメニュー

ウィンドウが画面に表示されていない状態で、Altキーとスペースキーを押して、メニューが表示された場合は、タスクバーのウィンドウプレビューの時と同じように「移動」をクリックします。

メニューが表示されない場合は、Mキーを押すことで「移動」を選択できます。(Mキーが「移動」メニューのアクセスキーになっています。)

あとは、ウィンドウが画面に表示されるまで矢印キーのいずれかのキーを押して移動します。

補足

コンテキストメニューの「移動」がグレーになっていて選択(クリック)できない状態になっている場合は、いったん「元のサイズに戻す」をクリックすることで「移動」が選択できるようになります。

アプリケーションウィンドウのコンテキストメニューの移動が無効の状態

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました